donuts

セブンイレブンのドーナツとミスタードーナツを食べ比べしてみた

gum1

コンビニで買えるガムの中で、どれが一番味長持ちか食べ比べしてみた

k_photo16

パワーポイントで文字の角度を調節する方法

postit

クオリティが高すぎる!ポストイットアート達

nekata

社畜のみなさん御用達?オフィスで寝る方法が話題に。

中年オフィスワーカーに忍び寄る“メタボ・スパイラル”の恐怖

Writer:伊藤 秋廣 Date:2014年08月17日

diet_1

オフィスワーカーの悩みのタネのひとつである運動不足。

特に基礎代謝が落ちてしまった中年男性、中間管理職世代ともなれば運動不足に上塗りするように、上司と部下の間に挟まれストレスも溜まり、暴飲暴食に走ることもしばしば。恐ろしいほどのスピード感で、お腹・あご~首にかけてのラインにびっしり脂肪がついて、メタボまっしぐら状態となってしまいます。

昨年仕立てたばかりのスーツが着られなくなって奥さんにイヤミを言われたり、久しぶりにお会いしたお客さんから「誰だっけ?」なんて首をひねられたり。あげくの果てに「どうせデブですから!」なんて、自虐的になって、自らをメタボ・スパイラルの中に落とし込んでしまいます。

そんな風に開き直って、笑っていられるうちはいいのですが、そのうち重大な成人病を引き起こす可能性だって大いにあり得るので注意が必要です。
まあ、それ以前の問題として、やはり肥満でいて良いことなどひとつもありません。いや、むしろ損ばかり。自己管理ができないと判断され、本当はやり手なのに「仕事ができないヤツ」とイメージが定着し、やりがいある仕事が回ってこなくなったり…。はたまた、同僚や後輩の女の子もどことなく距離を置いて、スムーズなリレーションも行えず、実務にだって影響が出てきます。
そうなんです。恐ろしいことに、現在の日本は、肥満に対してとっても冷やかな世の中といっても過言ではないのです。

diet_2「そんなことわかっています」と多くの読者がそう思っているはず。「これまでだって何度でもダイエットに挑戦してきたけれど、続かなかったから、こうなったんだ、へへん」と、再び開き直っていては前進がありません。
ご指摘の通り、ダイエットやカラダづくりにもっとも大切なのは継続性です。
痩せること、運動することの意義は理解していても、忙しい日本のビジネスマンですから、ジムに通ったり、ランニングしたりなんてできっこない!って、確かにそう思います。

かの名優リチャード・ギアが、あるメディアの質問にこう答えています。

「※意訳※この年齢なっても、僕が素敵でいられる秘訣?ジムに通ったり、ランニングしたり、そんな大変なことはしていないよ。続けているのは一日十数分の“小運動”だけだよ」

そうなんです。
ジム通いやランニングなんて、たいそうなことをしようとするから続かないのです。
通わなきゃできない、雨だからできない、出張だからできない…なんて、言い訳が先に立つような運動やダイエット法なんて、ものすごく精神力のある人でなければ続きやしない。どだい無理な話です。我々、一般人は“リチャード・ギア式”でいかなければイカンのです。

私が過去に取材したことがある、ある証券会社の社長さんが同様のことをおっしゃっていました。
毎日、十数分の運動だったら、どんなに忙しくても、わずかな時間の合間を縫って「ぱっぱっとやっちゃおう」と意識になるのだとか。あとは記録をすることも大切だと言っていました。最近ではスマホのアプリに体重や運動記録をログとして残せるものがあるので、使ってみるとけっこう楽しいですよね。
ちなみに私は「SimpleDiet」っていうアプリで記録していますが、操作は簡単だし、習慣化すると全然億劫ではない。

そしてもっとも大切なのは、「ビジネスマンたるもの“ながら”運動を行うべし」という教訓。その証券会社の社長さんは、毎朝、今日やるべきタスクを頭の中で整理しながら十数分の小運動をするといいます。
ですから、腹筋1、2、3、4…30とか、スクワット1、2、3、4…40みたいに、カウントする運動なNG。数ばっかり数えていたら、他のことは考えられませんからね。

ビジネスマンに最適なのはインターバルタイマーを活用した運動です。
要するに、腹筋は2分、背筋2分とメニューを決め、タイマーをセットしておくのです。数ではなく時間で区切って運動をすれば、少々きつい時にはサボればいいのです。いつもなら同じ時間で50回できるものを、ゆっくりやって20回にしてサボっていい。このゆるさも、継続するのには大切な要素だと言っていました。

一日十数分の小運動をゆるやかに毎日。これこそがリチャード・ギアのようにイケてる中年オフィスワーカーとなるための秘訣なのです。
ということで、次回から、具体的な運動内容や食事法などについて書いていきたいと思います。

伊藤 秋廣
フリーランスインタビュアー/エーアイプロダクション代表

1966年東京生まれ。
長きに渡るサラリーマン生活を経た40歳の時、フリーランスのライターとして独立。「エーアイプロダクション」を設立し、WEB、雑誌、新聞、書籍などあらゆる媒体にて執筆活動を開始した。旅行、レストラン、ショップ紹介などの情報系記事から、著名人、ドクター、企業経営者まで幅広い相手に対するインタビュー記事の執筆などに従事。サラリーマン時代に培ってきたビジネス視点と臨機応変な対応力により、幅広いクライアントの信頼を集めている。

エーアイプロダクション公式サイト

株式会社リーディット

このサイトは、中小零細企業のホームページ制作、印刷物制作、社内IT化などを支援する株式会社リーディットが運営しています。
中小零細企業のIT活用支援 リーディット

ベスト5

  • 月間
  • 週間

ライター紹介

長命 洋史
(株)リーディット代表取締役。中小零細企業のIT活用支援コンサルタント

伊藤 秋廣
アイドルから文化人、企業経営者まで幅広く対応するプロ・インタビュアー

Offiswitch
株式会社リーディットのOffiswitch運営スタッフです。

ページ上部へ

ページ上部へ

Copyright © 2014 LEADIT Co.,Ltd. All Rights Reserved.