donuts

セブンイレブンのドーナツとミスタードーナツを食べ比べしてみた

gum1

コンビニで買えるガムの中で、どれが一番味長持ちか食べ比べしてみた

k_photo16

パワーポイントで文字の角度を調節する方法

postit

クオリティが高すぎる!ポストイットアート達

nekata

社畜のみなさん御用達?オフィスで寝る方法が話題に。

寝不足になると太りやすいカラダになる?そんな噂のメカニズムに迫ってみる

Writer:伊藤 秋廣 Date:2014年09月01日

nebusoku1

残業や夜のおつきあいのために帰宅時間が遅れると、それに伴ってずるずると就寝時間が遅れてしまう…そんなオフィスワーカーも多いかと思います。

それでも毎朝、決まった時間に起きて会社に向かわねばなりません。寝不足のアタマのままでは、午前中なんかぜんぜん仕事にならず、やっと午後から調子があがってきて、夕方から元気になり…。いつの間にか“寝不足スパイラル”に陥ってしまう可能性があります。

寝不足は仕事の効率を落としたり、判断能力の低下を引き起こす要因になるのみならず、なんと、太りやすくなるともいわれています。寝不足によって太る?なんて、ピンとこないかもしれませんが、そのメカニズムについてご説明しましょう。

“満腹ホルモン”と呼ばれている「レプチン」と、食欲を抑制する働きを持つ「グレリン」という、二つの肥満に影響するといわれているホルモンがあります。この二つのホルモンのバランスが崩れることで太りやすい体質がつくられることになるのです。

「グレリン」は人間が起きている時に分泌され、一方の「レプチン」は睡眠時に分泌。要するに、睡眠不足の状態が続くことで、食欲を増進するホルモン「グレリン」が増加し、その一方で食欲を抑制する「レプチン」が少なくなってしまうことで、夜中にも食欲がわいてしまうのです。そして満腹感を得られないまま、無自覚に食べ過ぎてしまい、一気に太ってしまうのです。

太らないためには、極端に食べ過ぎたり、極端に寝不足にならないこと。しかし、多忙なビジネスマンであれば、そんな甘いことなど言ってはいられません。どうしても十分な睡眠時間を得ることができないのであれば、ぐっすり睡眠感のある“質の良い睡眠”を得る必要があります。

“質の良い睡眠”とは、中途覚醒がなく、深く眠ること。入眠の早さもポイントになります。眠る前に暖色系の照明器具の部屋で過ごしたり、自分にぴったりの寝具を選ぶことで獲得できるはず。できる限り早寝早起きを心がけ、朝型人間になれば体内の生物時計が正しく作動するようになり、睡眠に関わる二つのホルモンの分泌バランスも整います。

ダイエットに限らず、睡眠不足は多くの病気へと繋がるトリガーとなる可能性が高いと認識しておくべきでしょう。

伊藤 秋廣
フリーランスインタビュアー/エーアイプロダクション代表

1966年東京生まれ。
長きに渡るサラリーマン生活を経た40歳の時、フリーランスのライターとして独立。「エーアイプロダクション」を設立し、WEB、雑誌、新聞、書籍などあらゆる媒体にて執筆活動を開始した。旅行、レストラン、ショップ紹介などの情報系記事から、著名人、ドクター、企業経営者まで幅広い相手に対するインタビュー記事の執筆などに従事。サラリーマン時代に培ってきたビジネス視点と臨機応変な対応力により、幅広いクライアントの信頼を集めている。

エーアイプロダクション公式サイト

株式会社リーディット

このサイトは、中小零細企業のホームページ制作、印刷物制作、社内IT化などを支援する株式会社リーディットが運営しています。
中小零細企業のIT活用支援 リーディット

ベスト5

  • 月間
  • 週間

ライター紹介

長命 洋史
(株)リーディット代表取締役。中小零細企業のIT活用支援コンサルタント

伊藤 秋廣
アイドルから文化人、企業経営者まで幅広く対応するプロ・インタビュアー

Offiswitch
株式会社リーディットのOffiswitch運営スタッフです。

ページ上部へ

ページ上部へ

Copyright © 2014 LEADIT Co.,Ltd. All Rights Reserved.