donuts

セブンイレブンのドーナツとミスタードーナツを食べ比べしてみた

gum1

コンビニで買えるガムの中で、どれが一番味長持ちか食べ比べしてみた

k_photo16

パワーポイントで文字の角度を調節する方法

postit

クオリティが高すぎる!ポストイットアート達

nekata

社畜のみなさん御用達?オフィスで寝る方法が話題に。

続かないランニングから続くランニングへ フォームを見直せば劇的にラクになる!?

Writer:伊藤 秋廣 Date:2014年09月30日

運動不足に陥りがちなオフィスワーカーを中心に「ランニングブーム」が広がりを見せています。

昼休みを利用して、近隣の大型公園を走ったり、アフター5のナイトラン、週末のロングランなど、楽しみ方やメニューも多種多様。着替えやシャワーを浴びることができるランニングステーションも配備されるなど、ランニング環境が急速に整備されてきたのも、ブームを後押しする要因のひとつと考えられています。また、「東京マラソン」をはじめ、市民ランナーが参加できる大会も増え、完走をすることを目標にトレーニングを開始する人も増えていますね。

しかし正直言って、ランニングってなかなか続かないもの。何度もトライしては挫折して、またトライしては挫折…なんて中年オフィスワーカーも多いのではないのでしょうか。

まあ、大会にエントリーするまでいかなくても、楽しく走ることができれば運動不足の解消になるのはもちろん、にっくきメタボ撃退にもつながることは間違いありません。

以前、私が著名なランニングトレーナーにインタビューした際に聞いた話によれば、まず正しいフォームを身に付ければ楽に走れるようになるとのこと。ここでポイントになるのが、やっぱり「体幹」の使い方なんだそうです。

前回の記事でもご紹介した通り、「体幹」とは、腕、脚、頭を除いた胴体の部分のこと。この「体幹」を上手に使えば、無駄な動きや体の負担を減って楽に走れるようになり、それまで以上に長い距離を走れるようになるというのです。

基本は、へそから4~5センチくらい下の辺りにある丹田と肩甲骨、骨盤の三つの部位を意識すること。丹田に重心をおいて、体幹を軸に肩甲骨を後ろに引くと、反動によって骨盤が逆方向に回り、その回転で足が前に出るといいます。前傾姿勢で、肩甲骨を動かせば、その動きに反応して骨盤も連動。体の真下で着地し、頭の先から足の先まで一本の幹を通すような感覚で走れば、体幹の筋肉をしっかり使えるようになるのです。

そうなると、無駄な身体の動きがなくなるので、力まずにリラックスして走れるようになり、自ずと長い距離も楽に走れるようになるのです。

さらに大切なのがストレッチ。ジョギングの前に筋肉を伸ばして温め、筋肉の温度を上げることで、負荷の高い運動に耐えられるようにするのが目的だといいます。走った後には、足や腰などカラダの部位の疲労をとるストレッチを行うことで、日々の疲れを翌日以降に蓄積させないようにします。それこそが、オフィスワーカーがランニングを継続させる最大のポイントなんでしょうね。

伊藤 秋廣
フリーランスインタビュアー/エーアイプロダクション代表

1966年東京生まれ。
長きに渡るサラリーマン生活を経た40歳の時、フリーランスのライターとして独立。「エーアイプロダクション」を設立し、WEB、雑誌、新聞、書籍などあらゆる媒体にて執筆活動を開始した。旅行、レストラン、ショップ紹介などの情報系記事から、著名人、ドクター、企業経営者まで幅広い相手に対するインタビュー記事の執筆などに従事。サラリーマン時代に培ってきたビジネス視点と臨機応変な対応力により、幅広いクライアントの信頼を集めている。

エーアイプロダクション公式サイト

株式会社リーディット

このサイトは、中小零細企業のホームページ制作、印刷物制作、社内IT化などを支援する株式会社リーディットが運営しています。
中小零細企業のIT活用支援 リーディット

ベスト5

  • 月間
  • 週間

ライター紹介

長命 洋史
(株)リーディット代表取締役。中小零細企業のIT活用支援コンサルタント

伊藤 秋廣
アイドルから文化人、企業経営者まで幅広く対応するプロ・インタビュアー

Offiswitch
株式会社リーディットのOffiswitch運営スタッフです。

ページ上部へ

ページ上部へ

Copyright © 2014 LEADIT Co.,Ltd. All Rights Reserved.