donuts

セブンイレブンのドーナツとミスタードーナツを食べ比べしてみた

gum1

コンビニで買えるガムの中で、どれが一番味長持ちか食べ比べしてみた

k_photo16

パワーポイントで文字の角度を調節する方法

postit

クオリティが高すぎる!ポストイットアート達

nekata

社畜のみなさん御用達?オフィスで寝る方法が話題に。

パワーポイントのリハーサル機能で時間配分を決める

Writer:Offiswitch Date:2014年11月12日

pw1108-0

パワーポイントでのプレゼンでは所要時間があります。

決められた時間内に相手にこちらの意図をわかりやすく正確に伝えるのは当然ですね。

しかし、パワーポイントでのプレゼン経験が少ない方の場合、所要時間をオーバーしてしまうケースがあります。

となれば、練習が必要ですよね?

そんな時はパワーポイントの「リハーサル」の機能を活用しましょう。

リハーサル機能で時間を計るには

パワーポイントには本番同様に話しながらスライドを動かし、それぞれのスライドごとの所要時間、プレゼン全体での所要時間を計るストップウォッチのような機能が備わっています。

この機能を扱うには、まずスライドを開いた状態でメニューから「スライドショー」→「リハーサル」の順にクリックします。

スライドショーが開始し、リハーサルのツールバーが表示されるとストップウォッチが動き始めます。

ツールバーの中央は現在表示されているスライドの所要時間で、右側は発表トータルでの所要時間になります。

本番と同じ流れで話しながらスライドを進めていき、最後のスライドをクリックすると下図のようなメッセージが表示されます。

「はい」を選ぶと各スライドにかかった時間をスライド一覧で確認でき、時間配分の参考にできます。

プレゼンの練習をする方はぜひ活用してください。

プレゼンに役立つパワーポイントの機能

パワーポイント119では、パワーポイントに関する操作方法の解説や、テンプレートの配布などを行っています。上記で紹介したもの以外でプレゼンに役立つ機能もパワーポイント119で紹介していますので是非ご覧ください。

※この記事は、パワーポイント119からのシェア記事です。

Offiswitch
株式会社リーディット オフィスイッチ運営スタッフ

こちらの記事は、株式会社リーディットのオフィスイッチ運営スタッフが書いています。オフィスソフトの使い方からオフィスの豆知識、話題の出来事まで、お役に立てるよう日々記事を更新しています。サイトをご覧頂いてより詳しくサポートしてほしいといったご要望や、ホームページを作りたい、販促支援のご相談などがございましたら、株式会社リーディットのホームページよりお気軽にご連絡ください。

株式会社リーディット

株式会社リーディット

このサイトは、中小零細企業のホームページ制作、印刷物制作、社内IT化などを支援する株式会社リーディットが運営しています。
中小零細企業のIT活用支援 リーディット

ベスト5

  • 月間
  • 週間

ライター紹介

長命 洋史
(株)リーディット代表取締役。中小零細企業のIT活用支援コンサルタント

伊藤 秋廣
アイドルから文化人、企業経営者まで幅広く対応するプロ・インタビュアー

Offiswitch
株式会社リーディットのOffiswitch運営スタッフです。

ページ上部へ

ページ上部へ

Copyright © 2014 LEADIT Co.,Ltd. All Rights Reserved.