donuts

セブンイレブンのドーナツとミスタードーナツを食べ比べしてみた

gum1

コンビニで買えるガムの中で、どれが一番味長持ちか食べ比べしてみた

k_photo16

パワーポイントで文字の角度を調節する方法

postit

クオリティが高すぎる!ポストイットアート達

nekata

社畜のみなさん御用達?オフィスで寝る方法が話題に。

パワーポイントで特殊フォントを埋め込む方法

Writer:Offiswitch Date:2014年12月17日

相手に見栄えの良いプレゼンをするために、挿入する画像やグラフ、フォントに至るまで隅々までこだわりたい・・。

そんな思いから使用するフォントに一風変わった特殊フォントを選び、あとは本番を待つだけと安心しているそこのあなた。

その特殊フォントはちゃんとプレゼンで使うパソコンにもインストールされていますか?

もし、使用した特殊フォントがプレゼン発表時に使うパソコンにインストールされていないと、選んだ特殊フォントは反映されず、代わりにパソコンに入っている普通のフォントで反映されるんですよ。

せっかくフォントにこだわっても、反映されないのでは意味がないですよね?

この問題を解決するには、特殊フォントが使えるようにするために、パワーポイントにフォントを埋め込んで保存するしかありません。

フォントを埋め込んで保存するには

まずメニューバーを「ファイル」→「名前を付けて保存」の順にクリックします。

「名前を付けて保存」の画面の右上にある「ツール」をクリックし、「保存のオプション」を選びます。

ダイアログが表示されたら「TrueTypeフォントを埋め込む」にチェックを入れて、「使用されている文字だけを埋め込む」か「すべての文字を埋め込む」のどちらかを選びます。

「使用されている文字だけを埋め込む」は、作成時と別のパソコンでは閲覧するだけで、修正などは行わない場合に選んでください。

また「すべての文字を埋め込む」は、作成時とは別のパソコンでも文字を修正する場合に選んでください。

選び終えたらファイル名をつけて保存してください。

これでフォントは埋め込まれたので、プレゼンの際に作成時の時とは違うパソコンを使用しても、特殊フォントは反映されます。

他の保存ワザを知りたいなら

パワーポイント119では、パワーポイントに関する操作方法の解説や、テンプレートの配布などを行っています。今回紹介したもの以外のパワーポイントの保存ワザも、パワーポイント119で紹介していますので是非ご覧ください。

※この記事は、パワーポイント119からのシェア記事です。

Offiswitch
株式会社リーディット オフィスイッチ運営スタッフ

こちらの記事は、株式会社リーディットのオフィスイッチ運営スタッフが書いています。オフィスソフトの使い方からオフィスの豆知識、話題の出来事まで、お役に立てるよう日々記事を更新しています。サイトをご覧頂いてより詳しくサポートしてほしいといったご要望や、ホームページを作りたい、販促支援のご相談などがございましたら、株式会社リーディットのホームページよりお気軽にご連絡ください。

株式会社リーディット

株式会社リーディット

このサイトは、中小零細企業のホームページ制作、印刷物制作、社内IT化などを支援する株式会社リーディットが運営しています。
中小零細企業のIT活用支援 リーディット

ベスト5

  • 月間
  • 週間

ライター紹介

長命 洋史
(株)リーディット代表取締役。中小零細企業のIT活用支援コンサルタント

伊藤 秋廣
アイドルから文化人、企業経営者まで幅広く対応するプロ・インタビュアー

Offiswitch
株式会社リーディットのOffiswitch運営スタッフです。

ページ上部へ

ページ上部へ

Copyright © 2014 LEADIT Co.,Ltd. All Rights Reserved.